主婦shcatのつれづれ日記(整理収納アドバイザーになりました!)

趣味の心理学や読書、整理収納について、ペットや子育て、PTAなど雑記

胡蝶しのぶ、CP(カップリング)考察(ファンブック2ネタバレ含む)

現在の最推し?しのぶさん!

ずっと炭治郎一択推しだったのですが、

いつしかハマってしまったのが

蟲柱の胡蝶しのぶです。

 

アニメから入ってるので、第一印象は

あの笑顔と早見沙織さんの独特の声色で

こわ~いセリフを連発する姿に

「なんなん、このサイコパス…」って感じでした。

(まぁ、大半がそうでしょう。柱の第一印象なんてみんな「変な人」です)

 

原作を読み、設定や背景の詳細を知っていっても、なんかどちらかと言うとウケ狙いキャラっぽく感じていて(二次元的な美味しい要素を詰め込んだ感じ)そんなに好きではなかったはずなんです。

 

それが原作3周目くらいで、

完璧なように振る舞いつつもどこか歪んでいて不器用な生き方しかできなかった彼女が

何だか急に気になるようになり、いつしか好きになってしまいました。

 

これをきっかけに久々の二次創作の世界をのぞくことになり

多くの方々の思い描く胡蝶しのぶ像と自分の感じ方を比べながら

数多の作品を拝見、拝読すると言う日々の楽しみのひとつが増えました。

 

shcat.hateblo.jp

 

胡蝶しのぶ、CP(カップリング)考察。

 

原作での胡蝶しのぶに、恋人は?

 

原作では、胡蝶しのぶには

特定の想い人や恋人は描かれていません。

 

が、鬼殺隊の医療施設的な役割である蝶屋敷の主が胡蝶しのぶなため

「ケガや病気を治す」という点で、多くの隊士と関わりがあったであろうことは確かです。

 

弱った時に助けてくれる「白衣の天使」的存在。善逸の言うように「女神」だったでしょう、きっと。

おそらく、多くが男性隊士の中ですし

日常的には女性と接点のない人もそれなりにいたでしょうから

勝手に思いを寄せられたりはしてそうですね。

 

ので、簡単にまとめてしまうと

「誰とでも可能性はある。」

(えらいざっくり)

 

公式には最後まで誰ともカップル扱いされなかったので、なんとでも捏造できるんですよね(笑)。

 

胡蝶しのぶのCP例を具体的に(ネタバレあり)

 

  1. ぎゆしの(冨岡義勇とのCP)
  2. 煉しの(煉獄杏寿郎とのCP)
  3. 童しの(上弦の弐・童磨とのCP)
  4. 炭しの(炭治郎とのCP)
  5. 伊しの(伊之助とのCP)、宇しの(宇随天元とのCP)、むいしの(時透無一郎とのCP)

多く見かける順で、こんな感じ。まぁ、ダントツで1番の「ぎゆしの」が多いですね。8割、いや9割方?これでしょう。

 

2番「煉しの」3番「童しの」あたりがほぼ同立、4番「炭しの」もたまに見る、5番は見かけたことがある、くらいかな?

百合好きな方なら、「みつしの」「しのみつ」(甘露寺蜜璃とのCP)もあるみたいですが。

 

「ぎゆしの」が多い理由は?

 

  1. しのぶ初登場時、冨岡義勇と合同任務に出ている(那田蜘蛛山編)
  2. コミックスで、作者の描いているおまけページから、しのぶが普段から冨岡を構っている様子がうかがえる
  3. 5巻表紙裏で「義勇さん」と下の名前呼びしている
  4. 口下手で誤解されやすい冨岡を庇うような発言をしのぶがしている
  5. 冨岡義勇外伝でも、胡蝶しのぶのみ登場(接点が多そうな印象)
  6. 実姉、身近な人を鬼によって亡くしている
  7. 上記の人の形見の羽織を愛用している(冨岡の場合は2人分を繋いだ特注品)
  8. 大切な人を亡くした結果、性格が変わったような描写をされている(本来の自分を封じ込めたような)
  9. アニメでしのぶが冨岡に「月が綺麗ですね」と言っている(夏目漱石が「I love you」の和訳を「月が綺麗ですね」とした、という有名なエピソードから)
  10. 単純に美形キャラ同士で絵になるから

 

みたいな感じでしょうか。

苦手な人は苦手とするCPのようです。

まぁ、大体が熱烈な冨岡さん推しか、薔薇系の方で冨岡義勇との他に推したいCPがあるってことみたいですけど。

 

無惨を倒した後、平和な世になり、

しのぶさんも生き永らえていて、冨岡さんに痣の寿命なんてものがなかったら、

おそらく結婚したんじゃない?と多くの読者が思う程度には

信憑性のある(というか無理のない)CPとは思います。

 

ファンブック2で、悲鳴嶼行冥の冨岡としのぶに対する印象の欄で

「冨岡と話すのが楽しそう」

「胡蝶と話すのが楽しいらしい」

(原文のままです)

なんて書いてありましたしね。

お互い悪くは思ってなかったのは確かでしょう。

 

それにしても悲鳴嶼さん、恋愛相談室かよってくらい恋愛ネタばかりで笑いました。

不死川の「カナエが好きらしい」は本当、私的にはファンブック2で一番の衝撃でしたね。

shcat.hateblo.jp

 

「さねカナ」(不死川実弥と胡蝶カナエのCP)がまさかの公式認定とは!

まぁ、コミックスのおまけに作者が描いてるキメツ学園の設定では「よく話している」とか書かれてましたし、作者的には推しCPだったのですかね。先日アップされたバレンタイン編のアニメでも、漫画では登場なかったのにも関わらず、敢えてさねカナの会話シーンをぶっこんで来たあたりに、スタッフの鬼滅愛を感じました(笑)。

この先、柱外伝がもし続けて出るのであれば、風柱編は内容、さねカナ含みだったりするのかなぁ?親友の粂野君の話はもう、小説になってますし。

 

ファンブック2の表記で分かるのはさね→カナだった?というだけですが、正直、カナエさんにしても、自分が恋をして実り、幸せだと感じた経験がない限り、死ぬ前にあんなセリフは言えないんじゃないかな…とは思うんで、さねカナは確定事項かなっ!?と思います。

(ここで実は相手が冨岡だったなんてことになったら、すごいことになるけど)

 

というわけで、想い人のいることが分かっている、風柱・不死川実弥と蛇柱・伊黒小芭内(言わずもがなですが、伊黒さんの想い人は恋柱・甘露寺蜜璃)は胡蝶しのぶのお相手としてはまず出てきません。CPが見当たらないのはそういうわけです。

 

「ぎゆしの」と「煉しの」の違いを考える。

「推しはしのぶさん」のため、 個人的にはしのぶさんが幸せならCPはそこまで問わない感じの私ですが

 

まぁ、やっぱりぎゆしのかな…?

でも、煉しのは煉しのでいいなと思います。煉獄さんとしのぶさんも、結構共通点あると思うので。

 

宇しのもなかなか!新しい扉な感じでした。本当は、宇随さんくらいオトナじゃなきゃ、しのぶさんの相手はつとまらないと思うんですよね(笑)。


「煉しの」に見る、煉獄さんとしのぶさんの共通点。

  1. 優等生。「こうあらねばならない」との理想を目指して、強い意志で頑張ってる感じ。
  2. 主(長子)として、家を守る立場にあり、守りたい者がいる。
  3. 亡くなった家族の言葉に縛られている部分がある。
  4. 人当たりが良く、人望がある。
  5. お互いに認め合い尊敬し合って、それを素直に口に出せそう。
  6. 継子を育てるなど、後継育成・後輩へ繋ぐことへの意識が高い。
  7. 終戦時、煉獄の形見の鍔をつけて戦った炭治郎。救ったのは、しのぶの形見の髪飾りをつけたカナヲだった。

個人的に、CPとか関係なく、昔から思って気になってるのはこの最後の理由です!なんかね、後輩に未来を託して死んでいった2人が、最後に炭治郎たちに力を貸したように感じて。見えない姿が見えるような気がして、胸が熱くなりました。

 

こちらの記事の後半にも詳しく書いてます。

shcat.hateblo.jp

 

2人とも、一見よくできた優等生に見えるけど、守らねばならない者がある、弱みを見せられない立場同士。

本当はしんどかったんじゃないかなって思うと、そこで互いの共通点を見出して、共感しあったりすることはあったかもなって感じです。

 

炭治郎は煉獄さんの正式な継子ではないですが、気持ち的には継子みたいなものだと思うので、その炭治郎が煉獄さんの形見の鍔をつけた刀で無惨を追い詰め

 

鬼化した炭治郎を救ったのは、しのぶの形見の髪飾りをつけた、しのぶの継子であるカナヲ。使ったのはしのぶが作った人間返りの薬。

 

そしてその後、この2人は結ばれるんですよね。そう思うと何だか余計に胸アツ。

 

しのぶ、冨岡、煉獄、

陰陽どちらのキャラだと取るか。

「ぎゆしの」は基本、陰属性。

 

生存if軸やキメツ学園軸、現代パロディなども大量にある人気ジャンルですので、あくまで原作準拠の大正軸の場合に限りますが

その場合冨岡さんは悪いけどもう「陰」一択な感じですので、「ぎゆしの」の場合、しのぶさんも「陰」属性ととらえている感じ方の方が多いと思います。

 

同じ辛い環境を分かってくれる同士。一歩間違うと傷の舐め合いみたいな感じになってしまいますが、そうした荒廃した刹那的な感じが出やすいのは「ぎゆしの」の特徴かな。肉体関係のみみたいな話もわりとありますし。

それはそれで、暗めな感じが美味しい設定ではありますけど。

 

しのぶさんの「陽」属性感が強くて、しのぶさんが守ってあげてるようなイメージのぎゆしのもありますね。私はどちらかと言うとそっちのイメージが近いかなぁ…。

 

しのぶさんは自覚アリ片思い、冨岡さんはいなくなってからようやく気付いた、くらいがイメージなので。結ばれることがあったとしても、1度きりでお願いします!みたいなのが勝手な理想です。

 

冨岡さんはちょっと精神年齢低そうな印象ですし(精神的な成長が止まってそう)、3歳違い程度じゃ、女子の方が確実に精神年齢は上ですよ。しのぶさんがリードしてあげる感じになるのではないでしょうか。冨岡さんに夢を見られないのは、年齢でしょうかね…(笑)。

 

「煉しの」は陰陽、どの属性の組み合わせもいける。

煉獄さんに関しては分かりやすく「陽」属性ととらえる方が多いとは思いますが、彼の無意識領域を見ると、燃え尽きた世界のような、なかなかな荒れっぷりです。

煉獄さんの死後、入院中の善逸の「傷ついた心を叩いて叩いて立ち上がる、煉獄さんもきっとそういう人だったはず、そういう音の人だった」というモノローグからも、

太陽のような明るさの裏で人知れず苦労していたことも読み取れる、「陰」属性要素もあるかと思います。

 

しのぶさんは、後継育成など、周囲への気遣いなどに関しては「陽」属性感が強く出ますが、やはり自らの死による仇討ちなど、「陰」属性のイメージも強いでしょう。

  1. 煉獄「陽」×しのぶ「陽」パターン
  2. 煉獄「陽」×しのぶ「陰」パターン
  3. 煉獄「陰」×しのぶ「陽」パターン
  4. 煉獄「陰」×しのぶ「陰」パターン

煉獄、しのぶ、それぞれの性格を陰陽どちらでとらえるかで、4パターン楽しめる感じですね。

 

1番の「陽」同士パターンなら、朗らかで清らかな男女交際してそうです。

2番の煉獄「陽」×しのぶ「陰」パターンなら、卑屈になりがちなしのぶさんを、煉獄さんが言葉でしっかり後押しし、強く優しく支えてくれそうです。

3番の煉獄「陰」×しのぶ「陽」パターンは少数な気もしますが、しのぶさんの母性が煉獄さんを救ってくれてそうです。

4番の「陰」同士パターンなら、しんどい時に素顔をさらけ出しあえる関係になれそうです。

2番か4番がいいな!(笑)

 

ぎゆしのも煉しのも、素敵なお話は多いので、またpixivあたりで見てこようと思いま~す。

ネタと言うか構想はあるので、またなんか書くのもいいかな!

とっかかりは、見かけた風景か気になった言葉からスタートすることが多いです。書き始めると早いので、まとまると一気に進む感じ。

文章(小説)書くの、久しぶりでホント楽しいです~。