主婦shcatのつれづれ日記(めざせ整理収納アドバイザー)

趣味の心理学や読書、整理収納について、ペットや子育て、PTAなど雑記

「感情の制御ができないのは、未熟者です」

 

またまた、しのぶさんネタ…

すっかり鬼滅に毒されてますね(笑)

最終巻、予約してますよ。

何となくの展開は知っちゃってますけど

読むのが楽しみ!

 f:id:shcat:20201201151742j:plain

再びお目汚しですがラクガキのしのぶさん。

何度か描いてるうちに、少し本物に寄ってきたかな?

思ってたよりタレ目でも目が細くもなく

クセっ毛なのですね。

おでこはしっかり出した方が感じが出るみたい。

 

「感情の制御ができないのは、未熟者です」

 

おそらく幼い頃から

私は口の達者な子でした。

精神年齢が高かった、というか、

幼ければ幼いほどに

周囲の子とは何となく違ったようです。

 

母が「〇〇ちゃん(私)の言ってること

難しくてよく分かんない」

みたいに実はよく聞いてたのよ、と

大きくなってから言っていました。

 

今でも、実はわりと若い部類の母親ですが

落ち着いてるししっかりしてるから

そんなに若いと思わなかった、と

よく言われます。

(見た目の問題も勿論ありますが)

若々しさや無邪気さに欠けるんですよ、昔から。

大きくは変わらないようです。

 

過去の経験からそうやって生きてきました…

 

思い返せば、年中さんの頃。

園庭でよく、高鬼をしていました。

走るのは苦手だし、

かまりたくない私。

 

観察しているうちに、

長方形の園庭を結局みんな

同じ方向に行ったり来たりしか

していないことに気づき

(子供ってみんなして

同じ方向に走りますものね)

 

鬼役の子に向かっていくことに

なるのですが、

集団とは敢えて反対方向に逃げると

まずつかまることはない、ということを

知ってしまいました。

 

そうして、高鬼となるとその手で逃げ

ついてきてくれてた

仲良しの男の子と2人でしゃべりながら

残りのクラスの子を眺めていたのでした。

なんって、可愛げのない…。

ちょっと自分でも引きます。

性根はずっとそんな子でした。

 

その後、成長した小学校6年生の頃。

どちらかと言うと↑みたいな感じで

多分浮きがちだった私でしたが

6年生の時はそうでもありませんでした。

クラスでも人気のあるグループの一部の子に

気に入られていたので

何故か珍しくそこにいたのですね。

今で言う、いわゆるカースト上位って

やつでしょうか。

 

いつもと違って、クラスでも立場の強い味方が

たくさんいる。

変な自信なのか、所属意識なのか

きっとそのへんの歪んだ何かが

背を押し、リミッターを外してしまった

そんな自覚はありますが

 

そのグループにいるような、いないような

微妙な立場にいた幼馴染に対して

いろいろ積もり積もったものがキレた時

みんなの前で公開処刑ばりのことを

してしまったのです。

 

私は正しいことは言っていたと思います。

実際、その幼馴染のわがままや

理解のできない行動・言動に振り回され

迷惑して疲れ切っていたことは事実でした。

 

が、クラスのみんなの目の前で

相手に口をはさむ隙を与えず

相手の気持ちを考えることなく

「はい、論破!」と言わんばかりに

一方的に正論をぶちまけてしまった。

 

その時の相手の様子は

正直なところ、覚えていません。

やってしまった、でも止められなかった、

加害側でありながら虫のいい話ですが

私も半分パニックだったのだと思います。

 

 

先生を交えて話し合いをし、

表面上は仲直りしましたが

ものすごく傷つけてしまったことは

確かでした。

 

その頃からでしょうか。

おそらく、ずっと思っていました。

人前で感情をあらわにしてはいけない。

何を言ってしまうか分からない、

そんな自分への恐怖のようなものです。

特に怒りの感情は絶対に抑えないといけない。

 

「感情の制御ができないのは、未熟者です」

しのぶさんの言葉を借りますが

まさしくそんな感じでした。

 

先日も呪文のように心の中で唱えていました

 

 

今の職場で勤めて5年目。

皆さん優しい方ばかりですし、平和に楽しく

仕事をさせてもらっていますが

勿論、どんな職場でも

合わない人は必ずいますよね。

私にも1人います。

 

その方が嫌いなわけではありません。

尊敬するところも好きなところも

たくさんある、魅力的な方です。

 

が、苦手ではあると思います。

たくさんお話しできるならしたいなと

思ってますし

(流行にも敏感で

いろいろなことを知っている方なので

話題には困らない)

 

できるだけ話しかけるようにしていますが

キャッチボールになりません。

私がボールを投げたら、受けてはくれますが

その後が続くことはまずありませんし

向こうからボールが飛んでくることは

99%ありません。

仕事上の話であったとしても

本当によほどのことでない限りは

声をかけてくることはありません。

要は、私が嫌われているわけです。

 

ものすごく仕事ができる人で

背中にも目がついてるだろう!と思うほど

全体を見通して仕事してる人です。

 

ので、普通に考えたら

まずはこれを用意しないと間に合わないとか

絶対に分かってるはずなのですが

私が一人でヒーヒーしていても放置です。

他の人の時なら手伝いに来るし、

と言うかそもそも先に片づけてるのに。

 

これは、私はどこまでできるか

試されているのか?

私の対応能力を高めるために

敢えて放置されているのか?

 

普段は、頑張って

いいように捕えようとしますが

本当に忙しいと、さすがに無理です。

手伝ってくださいと声をかける時間すら

惜しまれるような状況下で

私も「もう、知らん!」となってしまう。

 

私から「手伝ってください」と

声をかけるのを待っているのか。

大慌てだわ、ははーん♪と思ってるのか。

絶対Sっ気あるしな。

それとも単純に、いじめですか?

キツイ人ではあるので、

彼女を苦にして辞めた、辞めかけた人は

過去にもいましたからね…。

 

大学を卒業して就職して以降、

マシンガントークだった口調を極力改め

温厚で怒ることなんてなさそう、

なんて通っている私も

さすがに切れる寸前でした。

 

果たして、私がここでブチ切れて

洗いざらいぶちまけてしまったら

この人はどんな反応をするのだろう。

なんて返答をするのだろう。

きっとびっくりして

もしかしたら何も言い返せないかも。

それくらいのダメージ、

今まで私が受けてきた蓄積を考えたら

受けてみればいいわ!

思わず、そんな物騒なことを

時々考えてしまいます。

 

いやいや。ダメダメ。それだけはダメ。

怒りに任せた感情は、お互いを傷つける。

よ~く、分かっているつもりです。

 

必死で仕事してる、焦ってる雰囲気は

周囲に伝わってしまって

いることでしょう。

力量不足でスミマセン。

 

が、怒ってる、機嫌が悪い、とは

周囲に思わせてはならない。

体調不良でもないのに

不機嫌なままで仕事するなんて、

社会人失格。

大人のたしなみです。当たり前です。

 

「感情の制御ができないのは、未熟者です」

その通り。

 

家族の前ではある程度、

素に戻ったとしても

(実際うちのママは怒りっぽいと

思われていると思うし、

いつもニコニコしたママではありません。

ごめんね、子供たち)

外ではきちんとしてなくちゃ。

 

…あれ?

なんかこの話、聞いたなぁ。

 

結局私も、次女と同じ。

胡蝶しのぶのようなめんどくさい性格を

持ち合わせているようです…。

 

まぁ、程度の差こそあれ

みんなそうだとは思いますけどね…

違います?

shcat.hateblo.jp